みんなの自動車保険見積もり口コミ集

このホームページは、自動車保険の見積もりの方法から、皆様から投稿していただきました自動車事故と保険についての体験談を紹介する、情報サイトです。
保険の見積もりを行う前に、ぜひ一読下さい。
自動車保険の中に「人身傷害保険」というものがあります。人身傷害保険はそれほど古くなく、東京海上が1998年に初めて発売したものですが、今ではほとんどの自動車保険会社で販売されるほどスタンダードな補償となり、自動車保険に見積もりをして加入している契約者の内70%を超える人が、人身傷害保険をつけています。
人身傷害保険では、自動車事故によって契約車に乗っていた人(運転者を含む)が死亡・後遺障害・ケガの被害にあった時に、「過失割合にかかわらず」、契約した金額の範囲内で実際に生じた損害に対して保険金が支払われます。
また、保険契約者やその家族については、歩行中や他人の車、タクシーやバスに搭乗中の自動車事故なども対象となります。
例えば、信号待ちの車に追突して、運転していた自分がケガした場合にように、自分に100%の過失責任がある事故であっても、自分の治療費や休業損害が全額支払われます。
人身傷害保険は、実際に発生した損害額が100%支払われますが、すべてのことに対して契約者の請求どおりに支払われるわけではなく、保険会社ごとに規定している「損害額基準」という支払基準によって損害額の計算方法が違っているので、注意が必要です。
仮に、死亡事故が起きたとすると、支払われる保険金は大きく分けて、「将来得られたと想定される逸失利益」、「葬儀費」、「慰謝料に相当する精神的損害」の3つになります。
このうち、逸失利益、葬儀費については、基本的に保険会社による支払基準の差はありませんが、精神的損害は保険会社によって大きく異なっています。
精神的損害は死亡者の属性によって、「一家の支柱」、「65歳以上」、「18歳未満」、「それ以外」の4種類に区分され、最も金額が高額となるのが「一家の支柱」であり、逆に低くなるのは「65歳以上」です。
例えば、一家の支柱が亡くなった場合の精神的損害に対する支払額が2,000万円の保険会社もあれば、1,700万円の保険会社もあります。
一概に、精神的損害に対する支払額だけで保険会社の善し悪しは分かりませんが、補償を少なくすれば保険料を安くすることができます。単に保険料だけで判断するのではなく、補償とのバランスを見て見積もりを行う事も大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ